スポンサーサイト

  • 2014.05.12 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    父の日のプレゼント選び

    • 2014.05.12 Monday
    • 03:49
    父の日の贈り物…

    お父さんの「好きなもの」って、けっこう知らなかったりしますw

    普段のお父さんの行動をから、「アウトドア好き」だとか「ゴルフ好き」だとか分かりやすい場合もありますが…。

    だから、どうしても分からないときは、「好きなもの」じゃなく、「役立ちそうなもの」という基準で贈り物を選ぶとよいのでは?

    私のオススメは、「マッサージ器」。

    マッサージ器なら誰でも使うし、特にご年配の方なら、肩こりや腰痛持ちの場合も多いから。

    それに、マッサージ器ならお母さんだって一緒に使えるww

    父の日いうことで奮発してチェア型でもいいし、たとえコンパクトなハンディタイプだって、マッサージ器なら絶対に喜んでもらえそう!

    無難な線で購入するなら、人気のある製品がオススメ!

    最近は、家電量販店で実物をみて、通販で安価で購入する買い方が一般的になっています。




    父の日は6月ですが、まだ先と思ってると、あっという間に6月になっちゃいます!
    JUGEMテーマ:肩こり、腰痛

    だから、今のうちからインターネットで目星を付けつつ、家電量販店で実物を確認。

    そして、今月末には決定!という流れが自然で無理がなくて良いと思います。

    父の日直前に焦ってバタバタ選ぶより、時間的な余裕を持つことで、心の余裕を作り、冷静に判断することが大切だと思います。

    せっかくの「父の日」の贈り物なのですから、是非是非、お父さんに喜んでもらいたいですから…ね!


    父の日の贈り物」特集


     

    ふくらはぎマッサージは運動と同じような効果がある!?

    • 2014.05.04 Sunday
    • 23:05
    トライアスロンでは、「ふくらはぎ」をカーフガードと呼ばれるコンプレッションで締め付けて血流を促し、筋肉のブレの軽減によるパフォーマンス向上を図るとともに、痙攣を防止します。

    それというのも、トライアスロンでは「ふくらはぎ」を痛めやすいからなのです。



    自転車をこぐときは、足首を動かし過ぎて「ふくらはぎ」に負担をかけてしまわないように注意が必要なのですが、なかなかそうもいきません。

    結果、「ふくらはぎ」を酷使し過ぎて痛めてしまうケースが多いのです。



    だから、競技や練習後の「ふくらはぎ」のケアは非常に重要なのです。

    トライアスロンに限らず、「ふくらはぎ」は運動能力を発揮するためには重要な部位。

    よって、そのケアは念入りにして、疲れを残さないようにしましょう!

    そのためには、やっぱりマッサージが最も効果的です。




    人の手で優しくもみほぐす他に、ラバー紐などを使って足側から膝側にかけて血液を上部に戻すようなマッサージの仕方が有効です。

    また、レイマックスバイターなどの、適度な振動を利用したマッサージ器を使うことで、更に効果は高まります。




    部活動などで、スポーツに打ち込む方々には、是非おすすめしたい「ふくらはぎ」ケア。

    この部位をしっかりとマッサージすることで、体中の血液の循環を促進出来る理由は「ふくらはぎ」が「第二の心臓」と呼ばれているからなのです。




    ただ歩くだけでも、心臓に血液を戻す役割を果たしてくれるので、散歩やウォーキングだけでも、体全体の血行を促すのに大いに役立ちます。

    それに加えて、運動後のマッサージをすれば、尚良し!!

    脚ばかりじゃなく、体の疲れもとれやすいというものです。




    以上のことから、たとえ運動が出来ないときでも、「ふくらはぎ」のマッサージをすることで、運動をしたときと同じような血流促進の効果が期待出来るのです。

    たかがマッサージと侮るなかれ!

    ふくらはぎマッサージ」は重要なんです。




    疲れたときは、「ふくらはぎマッサージ」。


    そのコツは足元から膝方向に向けて血液を押し上げるような感じで行うこと!

    それは、人の手によるマッサージでも、マッサージ器によるマッサージでも同じ要領です。

    要するに、血液をいかにスムーズに心臓まで戻してあげるか…その手伝いをマッサージでするワケですから!




    スポーツマンはもとより、入院などをして療養中の方にもおすすめしたい、体の血流の促進方法です。

    運動後の疲れを早く取りたい…とか、運動不足が心配な方にも手軽に出来る健康法が「ふくらはぎマッサージ」なのです。

    昼夜逆転の生活でも健康を維持できる秘訣とは!?

    • 2014.03.02 Sunday
    • 23:35
    朝昼逆転の生活。

    水商売だったり、24時間営業のコンビニ・スーパー・飲食店だったり…仕事とはいえ、体への負担は大きいものです。

    ホルモンのバランスにも大きく影響するのも怖いです。



    体内時計が狂ってしまうのが、体のリズムが乱れる最大の原因。

    だから、昼間の時間に起きていたら、少しでもベランダなど、外に出て直接、太陽の光を浴びることが大切です。

    たとえ数分でも…ね!

    生活のリズムが乱れていても、体内時計を狂わせないように、常に修正を続けることが、体調管理に必要なことなのです。



    本来、人間は日の出とともに目覚め、日が暮れたら眠りに就く…のが自然。ですが、24時間眠らない現代社会では、それも難しい話です。

    だから、せめて体内時計だけは、日の出と日の入りに調整しておくことが、体調を正常に維持するために必要最小限の努力目標なんです。



    昼夜逆転といえば、芸能人なんかは、その際たる者。

    それでも、売れっ子の芸能人は忙しい毎日にも関わらず、若さや美貌を維持して、長生きしている方も珍しくない。

    きっと、彼ら(彼女ら)は、健康維持のために、何らかの努力を続けているからに違いありません。






    たとえば、売れっ子アイドルなんかは、睡眠時間が殆どないのにも関わらず、メディア出演やら雑誌の取材やらの合間を縫って、歌や踊りのレッスン。

    空き時間や移動時間を使って睡眠を細切れで確保。

    そんな忙しい毎日の中で、健康を維持しながら笑顔を保てる毎日を生み出しています。

    だから、夜の仕事をしていても大丈夫!もっともっと忙しい人がいて、健康を維持しながら成功を収めているんですから!


    売れっ子芸能人を模範として、私も含め、昼夜逆転の生活をしながらでも、しっかりと健康管理をしていきましょう!!





    ちなみに!私が実践しているのは、さっき言った太陽の光を浴びること。

    それと、ヨーグルトを1日1回は必ず食べること。

    時間を見つけて散歩すること。

    そしてそして、肩が凝ったら必ず「肩」と「ふくらはぎ」をマッサージすることです。




    体内時計の調整とともに、腸内環境を整えて、お通じをスムーズにして排出を促し、血行を良くして体の細胞の新陳代謝を良くすること。これら3点を重点的に習慣化しています。




    中でも「レイマックスバイター」を使った肩と脹脛のマッサージは、その気持ち良さから、私の精神的な癒しにも繋がっている位ですww




    不規則な生活を擬似的に体に規則的なものと誤認させる技術。

    それが、私が芸能人から学んだ、忙しくても健康を維持できる技術だったりするわけです。

    どうですか?少しは参考になりましたでしょうか。





    由紀さおり、安田祥子の童謡CD

    • 2014.02.11 Tuesday
    • 15:37
    忙しい毎日を送っていると、心が疲れて「ふっ」と昔のことを思い出したりします。

    それは幼い頃の思い出…幼稚園の頃かも知れませんし、小学生の頃かもしれません。


    走馬灯のように懐かしい風景や友達の顔が浮かぶ、心のスクリーンに流れるBGMは、「童謡」であったりします。




    童謡は、大人になると歌わなくなり、周囲の環境も、童謡が聞こえてくる環境から離れてしまいます。


    だけど時々、子どもの頃、学校で皆と歌った「あかとんぼ」とか、「サッちゃん」とか、「故郷」とかを思わず口ずさんでしまうこともあるものです。



    中には、お母さんが歌って聞かせてくれた人も居るでしょう。

    子供の頃に歌い・聞いた懐かしい童謡。


    たまの休みは、お部屋でゆっくりと聞いてみてはいかがですか?


    由紀さおりさんは、デビュー当初から姉の安田祥子と共に本名の「安田章子」の名で童謡歌手として活躍していました。


    その二人の姉妹が心温まる童謡の世界をCDに収めました。



    また、5枚目には、昭和50年代、60年代にヒットした誰もが聞いたことのある、「あの素晴しい愛をもう一度」「翼をください」「なごり雪」「秋桜(コスモス)」「花〜すべての人の心に花を」「さんぽ〜となりのトトロ」「川の流れのように」「少年時代」「ソレアード〜子供たちが生まれる時」などヒット曲も収められています。



    あなたも、「由紀さおり、安田祥子の童謡」を聞いて、たまには多忙な毎日を忘れて思い出のひと時で心を癒して下さい。




    JUGEMテーマ:童謡・唱歌


    「肩」と「ふくらはぎ」は肩こり解消の重要ポイント

    • 2014.02.06 Thursday
    • 11:08
    現代人はストレスや疲れで、体中が凝っています。

    「凝り」は「肩こり」だけではないのです。

    男性なら、床屋さんに行くと散髪の合間にマッサージをしてもらって「気持ちイイ♪゜・*:.。. .。.:*・♪」と感じているのでは?

    最近多い「格安カットの店」に行かない人の多くは、髭を剃ってくれるサービスだけではなく、あのマッサージの心地よさを求めて床屋さんに通っているのではないでしょうか。

    女性でも、家事や事務仕事の疲れを癒すためにマッサージ店に通う人も多いようです。

    現代人はマッサージとは切っても切れない間柄…なのですw

    冗談はさておき、身体の各部分の「凝り」。

    特に「肩こり」は放っておくと、別の病気の引き金になることもあります。肩が凝っているということは、血の巡りが悪くなっているということですから。

    たかが「肩こり」と考えずに、早めのケアが大切です。

    また、「肩こり」だからといって、肩だけ揉んでいても効果は上がりません。

    肩の凝りは全身の血液の流れが悪くなっている証拠でもあるので、末端部の血液を心臓に返す役割を担っている「足」も一緒にマッサージするのが効果的なのです。

    特に歩く機会の少ない人は、足のもつ「ポンプ機能」を十分に発揮できない状態であることが多いもの。

    だから、肩と同時に足のマッサージも必要なのです。

    「歩く」という運動で、下半身の血液を心臓に戻すように、足、特に「ふくらはぎ」のマッサージで足のうっ血を解消し、血液の循環機能を高めるのです。

    週に2〜3度程度、肩と足のマッサージを続けることで、肩の凝りが和らいでいくのを感じることが出来るでしょう。


    「肩」と「ふくらはぎ」は、マッサージの重要ポイントなのです!!



    マッサージに関連する記事-----

    肩こりの原因


    慢性の腰痛をマッサージで改善


    坐骨神経痛をマッサージで癒す


    長時間、靴を履いて疲れている足を癒す







    長時間、靴を履いて疲れている足を癒す

    • 2014.02.06 Thursday
    • 10:15
    会社勤めなどで一日中靴を履いていると、狭い靴の中に閉じ込められた足が疲れて悲鳴をあげます。

    靴を脱ぎたい…という衝動に駆られることもあるでしょう。



    底の硬い靴、ヒールの高い靴を履いていると、自らの体重で足裏が圧迫され、シコリが出来て痛くなることがあります。

    その硬くなった場所の奥深くでは血液が滞っているので、家に帰って靴を脱いだらマッサージによってケアする必要があります。



    レイマックスバイターを使えば、床に置いたバイターのパッドの上に、両足の痛い部分・疲れを感じている部分を乗せてスイッチを入れるだけで、心地よい振動がアナタの足裏を快適にマッサージしてくれます。

    マッサージ後は血行が良くなって、足裏がポカポカ♪゜・*:.。. .。.:*・♪

    一緒にアキレス腱周辺にもバイターを滑らせれば、効果は更に高まります。



    足の疲れは、次の日まで引きずりたくないですよね!

    お風呂上がりの体が温まっているときにレイマックスバイターでマッサージをすると、効果的に疲れを癒すことが出来ます。


    土踏まず、踵(かかと)、アキレス腱の順で各所1分程度ずつマッサージしましょう。

    血の巡りがよくなることで、末端に溜まった老廃物が取り除かれ、体温も微妙に上昇するので、ゆっくりと眠りに就くことが出来ます。



    マッサージに関連する記事-----

    肩こりの原因


    慢性の腰痛をマッサージで改善


    坐骨神経痛をマッサージで癒す


    「肩」と「ふくらはぎ」は肩こり解消の重要ポイント



    JUGEMテーマ:フットケア


    坐骨神経痛をマッサージで癒す!

    • 2014.02.05 Wednesday
    • 22:14
    坐骨神経痛は片方の臀部から足の後面にかけて、痛みや痺れが持続的に出ることが多いようです。

    人によっては足先まで症状が出ることもあり、中腰など不自然な姿勢をとると痛みが増し、歩くこともままならなくなります。

    寝ていても、起きていても痛みは続き、「灼熱的」な痛みを感じます。

    寒い冬、梅雨時、冷房で過度に冷やしたりすると症状が悪化します。

    坐骨神経痛の原因として多いのは、椎間板ヘルニアと梨状筋症候群です。梨状筋症候群とは、梨状筋の硬化により座骨神経や血管を圧迫され、臀部や下肢に痛みや痺れが出る病気です。

    長時間、中腰などの不自然な姿勢で作業をすることで、臀部周辺の筋肉が硬化して、神経や血管を圧迫するのです。

    左右の腰骨の下、やや後ろ側付近の、お尻の側面を指で押してみて、不自然に痛かったりするのは、その当たりの筋肉が効果している証拠です。

    その部分をマッサージで揉みほぐすことで、坐骨神経痛の症状が和らぐことがあるのです。

    ただ、この部分をマッサージ出来るマッサージ器は限られていますので、購入するために探すのには苦労するかもしれません。


    そこで、一番のオススメをご紹介しておきます。

    明光通商のレイマックスバイターがそれです。

    レイマックスバイターなら心地よい振動マッサージで患部の血流を促進し、お尻の筋肉硬化による「しこり」を改善してくれます。

    お尻の左右の窪みを念入りにマッサージして下さい。

    時間は片側につき2分程度。

    それに、左右の太もも裏側の付け根から膝裏にかけて、片側につき1分ずつ。

    これを数日続けることで、症状は緩和されてくるでしょう。

    体の血流の促進は、万病に効くという、ほんの一例です。


    マッサージに関連する記事-----

    肩こりの原因


    慢性の腰痛をマッサージで改善


    長時間、靴を履いて疲れている足を癒す

    「肩」と「ふくらはぎ」は肩こり解消の重要ポイント






    慢性の腰痛をマッサージで改善!

    • 2014.02.04 Tuesday
    • 20:54
    長時間椅子に腰掛けていたり、外出もクルマで移動することが多い生活ですと、運動不足で筋力が低下したり、肥満になったりするものです。



    腰痛の原因は特定出来ないことが多いものですが、一般的に腰の筋肉が硬化して血流が滞ることで、腰の筋肉が炎症を起こしてしまう場合が多いようです。


    数日間休息をとれば、痛みは引くものの、腰の筋肉の硬さを解消しなければ、またすぐに炎症に繋がります。

    これが慢性の腰痛です。



    長時間同じ姿勢で事務仕事をしたり、中腰で作業をしていたりすると腰部に負担がかかり、痛みが起こります。

    冬の寒さで、体全体の血液の流れが悪くなって、痛みが増したりすることもあります。



    一時的に痛みを抑えるなら、ゆっくりとお風呂に入ったり、サウナに行ったり、カイロなどで腰を温めたりすることで、血液の循環が良くなり痛みが和らぎます。


    ただ、これはあくまでも一時的なもので、根本的な解決をするには、腰の筋肉の硬化を解消する必要があるのです。

    そこでオススメなのが「振動」によるマッサージ。



    レイマックスバイターなら、強弱二段階の強さで心地よい振動を使って腰をマッサージすることが出来ます。

    振動とはいっても、不規則な振動ですので、まさに「手揉み感覚」!人の手を使ったマッサージよりも効果的なマッサージが出来ます。

    レイマックスバイターは、人の手を超えたマッサージ器と言って良いでしょう!


    マッサージに関連する記事-----

    肩こりの原因


    坐骨神経痛をマッサージで癒す


    長時間、靴を履いて疲れている足を癒す

    「肩」と「ふくらはぎ」は肩こり解消の重要ポイント





    JUGEMテーマ:肩こり、腰痛


    肩こりの原因

    • 2014.02.04 Tuesday
    • 16:58
    肩こりの原因は多々あります。

    そして、その肩こりになりやすい体質というのもあるものです。



    冷え性、低血圧、自律神経の失調、甲状腺機能の低下による基礎代謝の低下…などなど。

    そういった場合は全身の血液循環が悪く、代謝による疲労物質が体に蓄積して血流を滞らせるからです。



    また、子どもの頃から運動をする機会の少なかった人は、骨格や筋肉の発達が悪く、思い頭部を支えている首や肩の筋力が弱く、更に、姿勢が悪いと首や肩の筋肉に負担が過度にかかって、疲労により筋肉が硬化します。



    普段の生活の直接的な原因は「姿勢の悪さ」です。悪い姿勢でパソコンなどのデスクワークをしたり、家事・育児・重労働・ベルトなどによる身体の圧迫などがあります。

    最近では心理的なストレス、抑うつ状態が原因になることもあります。


    その他、体調を崩した時にも血液の循環が悪くなり、肩こりを助長します。



    肩こりの原因となっている病気を特定して、その疾患を治療するのはもちろんですが、実はその背景には首や肩の筋肉硬化による肩こりが、その疾患の原因である場合もあるのです。


    よって、首や肩の凝りを治療することによって、各種病気の症状を和らげることも可能なのです。


    「肩こり」を甘く見るべからず!


    「肩こり」は手揉みでも解消できますが、プロのマッサージ師でもないと、なかなか効果的なマッサージは出来ません。それなら、40年以上も治療院などで使われ続けている実績のあるマッサージ器「レイマックスバイター」がオススメです。

    レイマックスバイターなら、ご家庭で手軽にプロ級のマッサージを体感出来ます。

    治療院や、理容店の業務用として使われているだけに、耐久性も抜群です!



    マッサージに関連する記事-----

    慢性の腰痛をマッサージで改善


    坐骨神経痛をマッサージで癒す


    長時間、靴を履いて疲れている足を癒す

    「肩」と「ふくらはぎ」は肩こり解消の重要ポイント





    雪国の女性の日常は雪掻きで大変!

    • 2014.02.04 Tuesday
    • 14:34
    雪国の生活って大変そう…。

    実は、私のお婆ちゃんが岩手に住んでいて、時々遊びに行っているので、少しは雪国の生活を体験したことがあるんです。



    雪国の街を歩いていると、いろいろな発見があって、関東育ちの私には非常に興味深いものです。



    足元は、歩道が凍っているので転倒に注意…というのは当然ですが、頭上も危険Σ(゚д゚lll)アブナッ !

    軒下を通る際は屋根の雪が落ちてくるし、電線の「線」に積もった雪も時々落ちてきます。


    道端に積み上げられた雪には、ワンちゃんのオシッコの跡が黄色くクッキリと残っています。


    お庭の狭い街中の住宅街では、雪の捨て場が無いせいか、自分たちの家の周辺の雪を車道に放り出しています。


    公園などの公衆トイレは、一部を除いて冬の間は閉鎖されています。


    自転車屋さんでは、自転車用のスパイクタイヤを売ってるし。


    家々の窓は、多くが二重サッシ。


    どの家にも、灯油の大きなタンクが常備されています。




    少し田舎に行くと、大きい家が多いようです。農家が殆ど…かな?

    ここでも、やはり雪掻きをする人ばかりが目に付きます。



    豪雪地帯でもなければ、屋根に積もる雪は落とす必要が無いようですが、家周りの雪掻きはしないわけにはいかないようです。

    歩くことが出来ないばかりか、クルマも置けなくなるんで(^O^)



    ただ、雪掻きしているのは決まって女性、またはご年配の方ばかりです。やはり、昼間、男性は会社などに仕事に行っているから仕方ないですよね。

    だけど、毎日のこととなると、女性やお年寄りでは大変!そのためか、役所で除雪機を貸し出す制度もあるようですが、何せ台数が少ない。

    それに、エンジン式の除雪機だと怖くて使えないし(´・ω・`)



    除雪機は、簡単に扱える物じゃないと女性には無理だし、危険ですよねぇ。

    雪国のホームセンターに行くと、除雪機が売っていたりします。


    人気があるのは、やはり「電動」のようで、エンジンと違ってメンテナンスが簡単だったり、取り回しが楽だったりするようです。


    また、エンジン式のより、価格も安いので、家庭用として広く用いられているようです。

    雪国の冬の一日は、雪掻きで始まり、雪掻きで終わる…みたいな感じです。


    雪国の女性は、雪掻きが日課なんですね!


    JUGEMテーマ:


    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM